ゴシゴシせず肌に優しいクレンジング

シミの原因は日焼けだけじゃない!正しいクレンジングを選ぼう!

シミ対策のためにしっかり塗っている日焼け止め、毎日きちんと落とせてますか?シミの原因は紫外線だけではありません。肌に蓄積されたメイク汚れや摩擦でも、メラニン細胞を刺激してシミを作ってしまいます。メイクを毎日きちんと落とさなければ、ターンオーバーの排出が遅れてシミができたり、老化を助長させてしまいます。美白化粧品や日焼け止めを付けているのにシミが消えないという方は、クレンジング方法が間違っているかもしれません。また、刺激の強いクレンジングはかえってシミができやすくなってしまうので注意が必要です。


洗浄力が強すぎるとセラミドや天然保湿因子であるNMFや皮脂が落ちてしまいバリア機能を低下させてしまいます。クレンジングは摩擦力が少なく、ダブル洗顔不要のものを使用しましょう。

優しいクレンジング方法とは

まず、クレンジングをする前に手を洗いましょう。手には雑菌が多く、そのままクレンジングするということは、お肌に雑菌を擦り付けてしまうことになります。必ず洗ってからにしましょう。手を綺麗にしたら、まずポイントメイクから落としていき、それからTゾーン、頬、目や口と落とします。メイクを落とすときは満遍なく、馴染ませることが大切です。メイクが馴染んだら30度~35度のぬるま湯ですすぎます。ここまでで1分~1分半程で終えるようにしてください。クレンジング後は清潔なタオルで優しく拭きとるようにしましょう。 クレンジング後に乾燥したり、汚れが落ちていない場合は、正しくクレンジングできていないかもしれません。また、クレンジング中にフェイスマッサージをする方もいますが、クレンジング剤が肌にのっている時間が長くなり、シミの原因となります。クレンジングの場合はマッサージを避けたほうが、シミ対策に効果的だといえます。