日焼け止めでしっかりしたUV対策

根元からきちんと対策を

UV対策と言えば医薬品等を直接肌に塗り込む方法が一般的な方法です。確かにそれもひとつの方法であり、有効なものではありますが徹底したいのなら体の外側からだけでなく内側からも対策していきましょう。 そばかすやUVの対策は食物からです。必要な栄養を摂ることにより肌の質を保てるようになります。ビタミンCやビタミンE、βカロテンなど様々なものがありますが調べるのが少し億劫な方は、とりあえずは柑橘系のフルーツを積極的に食べるようにしてみてはいかがでしょうか。 フルーツには豊富なビタミンCが入っています。定期的に食べるように心がけて摂取していくと少しずつ対策に必要な栄養素が体に染み込んでいきますよ。ただし一気に摂れるビタミンCの容量は決まっているからこそ定期的に食べるようにすることが重要となっていきます。

外側からも日焼け対策を忘れずに

食べ物だけで満足しないできちんと外側からも肌を守っていきましょう。UV対策の代名詞である日焼け止めも自分にあったもの、もしくは目的に適したものを選んでいくことが大切になってきます。 ところで日焼け止めのパッケージに書かれているSPFとPAの違いを知っているでしょうか?何となく読むけど気にしないで購入してしまう方も少なくないと思いますが実はきちんとした意味があるのです。 SPFは短時間で赤みを引き起こさせて、肌に炎症を出し黒化を防止するためのものです。これにはそれぞれ数値が書いています。この数値はどれだけ長い間防止するための力があるかどうかを表しているものなのです。 そしてPAと言うのは一時的な黒化を起こして、長時間かけて肌の弾力を失わせていく紫外線A波を防ぐものです。表記されている+と言うのは紫外線A波に対してどれだけの効果があるのかを指しています。