ストレスを溜めない生活

ストレス対策で内側からケアを

そばかす対策といえばスキンケアを連想する人が多いでしょうが、体の内側からのケアも欠かせません。例えばストレスを溜め込んだ生活が続いていると、そばかすの原因になるので注意してください。メラニン生成が活発になるので、そばかす・シミ・黒ずみなどのリスクを高くします。ストレスが肌によくない理由はシンプルで、活性酸素を増やして肌を攻撃してしまうからです。活性酸素はバリア機能を低下させる原因にもなり、紫外線・乾燥に対する防御力を弱くしてしまいます。ストレス生活が続いていると老け顔を自覚することが増えてくるので、ストレスの原因を一つずつ取り除いていきましょう。ネガティブなことは極力考えない、夜は早めに眠るなどの対策が効果的です。

睡眠がストレス解消の要になる

肌にストレスを溜めてしまう最大の要因は睡眠不足で、夜ふかしをしている方は注意が必要です。成長ホルモンを活発に分泌させるためには、22~2時の時間帯に眠っていることが大切です。22時よりも早く就寝する習慣を身に付け、8~9時間の睡眠を確保することが肌のストレス解消に役立ちます。睡眠不足はターンオーバーを停滞させますし、イライラの原因にもなります。イライラしていると胃腸に負担をかけてしまい、食事からの栄養補給の効率を低下させるわけです。また血液・リンパの流れを悪化させるため、肌に十分な栄養を送ることができません。ストレスは万病の元と言われるように、肌にも大きなデメリットがあるのです。自律神経やホルモンバランスを正常にしてそばかすを予防するためにも、健全な睡眠習慣を意識してください。