肌を明るくする美白化粧品

美白化粧品とはどんなもの?

一般的に美白化粧品とは、「メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ」ものや、これに類似した効果を発揮する医薬部外品の総称を指します。この美白化粧品は、厚生労働省に有効性と安全性を認められた美白有効成分が配合されていないと、公にうたうことはできません。具体的にこの美白有効成分には、アルブチン・コウジ酸・トラネキサム酸・ビタミンC誘導体・など約20種類が認可を受けています。これらの成分は、シミ・ソバカスの原因であるメラニン色素の活性化を抑制し、黒ずみを生まないように直接的または間接的に働きかけるものです。近年では美白化粧品の市場規模はどんどん拡大していき、スキンケア商品の5分の1を占めているとも言われています。

どんなものを選べば良い?

美白有効成分にはたくさんの種類があり、どの成分が配合されているのかも商品によって様々です。さらに、スキンケア用品の5分の1も美白化粧品が占めているとなると、一体どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。ソバカスに1番有効とされている成分は「ビタミンC」と「L-システイン」です。ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑える効果があるとされ、L-システインには肌の代謝を正常化させ、できてしまったメラニン色素を無色化させる効果があるとされています。ですので、ソバカスにはこの2つの成分が配合されている化粧品を選ぶのが良いでしょう。ソバカスの予防であればビタミンCが多く配合されている化粧品を、できてしまったソバカスを改善するならL-システインが多く配合されている化粧品を選ぶのがオススメです。どちらかの成分だけでなく、両方を同時に摂ると相乗効果が高まります。化粧品の成分表示を確認してみてください。